HOMEBLOG

2008年8月27日

今月の頭に

もんたです。
今月の頭にiPhoneを購入しました。
待受けに↓の壁紙をお借りして使っています。
壁紙\
GRADIENT MARBLE VISTA
拡大図↓
ロゴ
とても気に入っています♪

Filed under: etc... — 投稿者:

ページの上に戻る

2008年8月25日

遅くなりましたが、初めまして。

初めまして。神出鬼没のtetsuと申すものです。
200X年に入社してから、ドラムスキャナを使用したり、MACで色補正や切り抜きや合成などをしたり、画像データベースの管理をしたりと色々流れに流れて現在はWEBの仕事を担当させて頂いています。
この間MACの使用がメインだったために、Windowsにいきなりチェンジしてしまう使用するソフトによってショートカットが微妙に違うので押し間違えがすごかったです。
WEBに関しては趣味で簡単なHPを作れるくらいしか知識がなかったので覚えることが多すぎて大変ですが、
前から興味はあったので楽しく勉強させてもらっています。
8年目にして新人に戻りましたが、心新たに頑張っていきたいと思います。

Filed under: etc... — 投稿者:

ページの上に戻る

2008年8月11日

視力回復のトレーニング

こんにちは、taraです。
今年の3月に買い換えたメガネの度が、もうあわなく感じるようになってしまいまして、
またも買い替えか。。
と、思ったところに、この本と出逢いました!
どんどん目が良くなるマジカル・アイ
どんどん目が良くなるマジカル・アイ
著者: 徳永貴久
出版社: 宝島社
なんと、この本を見るだけで「0.01から0.6に視力アップ!」 らしいのです!
以下引用

「マジカル・アイ」は、毛様体筋や動眼筋の柔軟性を取り戻すために用意された立体画です。
一つ一つの美しい不思議な立体感のある絵をじっと見ていると、その絵の中からそれまでまったく見えなかった別の絵が浮かんできます。絵そのものが立体的になって見えてくるのです。
この「マジカル・アイ」が、視力回復に役立つわけは、パソコンなどを凝視することで柔軟性を失くした凝り固まった眼の筋肉をほぐして、目本来の機能を取り戻してくれる働きがあるからといわれます。
ちなみに、この本にの中にある、様々な画像を立体視することで、目の筋肉、特に焦点を合わせるために必要な毛様体という筋肉のトレーニングになり、視力回復につながるとされています。

立体視のポイントは、「肩の力を抜き、目の焦点をイラストではなく向こう側をみるつもりで。またイラストと目の距離をご自分なりに調整してみてください」とのこと…なのですが
実際にこの本を試したところ、「立体的に見よう」と思えば思うほどに、どうしても力が入ってしまいます。難しい。。
調べてみると、どうやら慣れるまでには時間がかかる人もいるみたい。
なので、私も根気よく続けて「脱メガネ」目指して頑張ります!

Filed under: etc... — 投稿者:

ページの上に戻る

最近の記事

スタッフ一覧

カテゴリー

アーカイブ

Where from?